講師紹介

体軸×リハビリテーションアカデミー認定講師

小林 大輔

体軸×リハビリテーションアカデミー代表講師

作業療法士

現在、神奈川県内の訪問看護ステーションに従事。
対象は脳卒中をはじめとした中枢系疾患、整形疾患、
神経難病など、幅広い疾患・症状に対するリハビリテーションを提供している。
従来の理学・作業療法的な観点を重要視しつつ、体軸理論(TLテクニック)を基にした
関係主義的アプローチを実践している。
また、体軸×リハビリテーション代表講師として、リハビリ職種への体軸理論の指導と
臨床現場(主に中枢系疾患)への応用を提案している。

野元 友貴

理学療法士
体軸ヨガストレッチインストラクター養成講座講師
福祉住環境コーディネーター
国際認定 Red cord Neurac1 Neurac2
頸椎疾患へのマニュアルセラピー各種
頭蓋仙骨療法 TLテクニック 終了

以前は整形外科クリニックで勤務し、頸椎疾患を中心に理学療法、学術研究を展開してきた。
しかし、頸椎疾患と同時に生じる自律神経障害の壁にぶつかり、思考錯誤していた。
その中、TLテクニックと体軸理論を学び、より深いレベルの治療に衝撃を受ける。
現在はリハビリ特化型デイサービスの立ち上げメンバーとして勤務、地域の中で活動しながら、舞台女優に対する心身の調整、オーディションに向けての調整など身体と精神の関係性を構築し、身体的、精神的な障害に対してやコンディショニングなどの施術を行っている。また体軸理論を応用した体軸ヨガストレッチの講師として活躍している。

山下 翔平

理学療法士
北海道(札幌)Dojo 地域代表指導者

北海道札幌市内の病院に勤務し回復期~生活期の高齢者中心に担当。
施術方法などを見つめ直す中でクライアント同様、セラピストの姿勢や身体の使い方の重要性を感じ、様々な手技の根本となる体軸リハビリテーションを学ぶ。
動作に必要な力を最適に脱力しながら発揮する事で、無駄の無い効果的な施術が出来ることを実感し、体軸の重要性をさらに感じる。
今後は体軸リハビリテーションを深めるとともに、多くの方にボディワークを伝えていきたい。

堀 隼人

体軸×リハビリテーションアカデミー認定講師
四国(徳島)Dojo 地区代表指導者
理学療法士

徳島県の整形外科にて勤務しており、現在は訪問リハ業務に従事している。
体軸を始めることにより、自らの体が良くなるだけではなく、思考過程がスマートになることを実感している。
そのため、ヒトを良くするためには体軸は必要なものだと確信し、体軸×リハビリテーションの普及のため徳島県を中心に活動している。

【所属】
徳島リハビリテーション研究会

蜷川 雄哉

理学療法士
福岡(福岡・北九州)Dojo 地域代表指導者

中学生の頃、野球による故障がきっかけで理学療法士の道へ進む。
現在は整形外科クリニックに勤務。
外来の慢性疾患の治療に難渋し、様々な勉強会に参加。その中で体軸×リハビリテーションに出会う。
セミナーを受ける中で、体軸理論をもっと多くの人に広めたいと思い、認定資格を取得。
身体意識や自分の身体が患者様に与える影響等、自分の身体の重要さを体感し、東洋医学的な自己調整も実施している。

▲PAGE TOP

体軸Bodyworker C級ライセンス講師

〈北海道〉

会津 圭崇

理学療法士

糖尿病療養指導士

理学療法士免許取得後、総合病院に勤務し中枢や運動器疾患、内部障害などの疾患、また出向で老健勤務の経験もあり急性期から維持期まで幅広い方々を担当してきた。
様々なセミナーに参加して行く中で体軸理論と出会いセラピスト自身の状態により患者様に変化が出ることに気づき興味を持つ。
体軸について学んでいく中でワクワク感が高まり多くの方に知って欲しいと思うようになった。
今後は更にワークや理論を学び自己研鑽に励み体軸理論を通しみなさんと共に成長していきたいと考えている。

〈北海道〉

浅井 政宏

作業療法士

作業療法士免許取得後、急性期・回復期・老健でのリハビリを経験し、現在は札幌の慢性期病院にて従事する。
患者様への施術で深いタッチを行うとすればする程自身が力み、防御収縮を引き出してしまい難渋していた中で、緩みながら力を発揮する事ができる体軸と出会う。
体軸に触れてから自身の体を整える事の重要性を認識する事が出来てからは、自身の負担の減少や姿勢の安定に伴う施術の精度の向上など以前より患者様へ自信を持ってタッチする事が出来る様になった。
今後は体軸Bodyworkerとして皆様と一緒に自身を整える大切さを学んでいきたい。

〈北海道〉

尾形 涼

理学療法士

現在、整形外科病院で入院、外来リハビリテーションに従事しています。
様々な治療技術を学んで来ましたが、体軸と出会い、自身の身体が作れていないのに治療なんて出来ないということを感じました。
また、自身のスポーツ活動においても全く怪我をしなくなったことやパフォーマンスの向上を感じています。治療技術だけでなく、セラピストの身体作りの重要性を北海道でも伝えていければと思います。

〈北海道〉

河江 将司

理学療法士

北海道・帯広で理学療法士として働く傍ら、小・中学年代のサッカークラブチームでコーチ兼スポーツトレーナーとして活動。育成年代で身に付けておくべきことはなにかを考えていくなかで、体軸と出会う。体軸理論とは人の上達理論であり、身体、精神、技など多方面の上達、進化を決定づける最重要因子であることを知る。地方だから知らない。分からない。体験できない。もっと早くに知りたかった…では悲しすぎる。だからこそ、私は体軸Bodyworkerを取得した。
障害予防はもちろん、パフォーマンスアップにも有効である体軸理論を普及させ、子どもたちの“夢”にチャレンジしていけるお手伝いをしていきたい。

▲PAGE TOP

〈青森県〉

鳴海 裕平

作業療法士

TACTリハビリテーション研究会代表

福祉住環境コーディネーター

ILPTプラクティショナー

リハビリ業務に勤しむ傍ら、地域のスポーツ少年団にて指導を行うも、個々の『センス』により、差が出ることに悩む。
『センス』とは何か?答えを探し出した末に体軸にたどり着く。
体軸により運動能力、精神的安定・情報処理能力の向上、施術の『質』が劇的に変わることを経験する。
このことから、世の中に体軸が広まれば、多くの方のQOLが素晴らしく変わるのではないかと思い体軸BodyWorkerを受講する。
現在は青森を拠点としたTACTリハビリテーション研究会を立ち上げ、地方医療の向上に貢献。
今後は医療従事者のみならず、一般の方へ『体軸』が普及し、多くの方により良い人生を送ってもらえるよう日々奮闘している。

▲PAGE TOP

〈宮城県〉

秋田谷 妙子

理学療法士

理学療法士免許取得後、病院での一般病棟と外来でのリハビリを経験後、現在は回復期リハビリ病棟で勤務している。出産と育児休暇を経て職場復帰し、仕事と子育てに追われ自己学習に使える時間が限られている中で、自分なりに何か学べないかと悩んでいた時に体軸に出会う。
体軸理論を取り入れ、自分の手・触りかたが患者さんにどれだけ影響を与えていたかを実感している。また、自分の体も柔らかく・疲れにくくなってきたのを感じている。
体軸bodyworkerとして、軸ワークに励み、理論を学習し、自らの向上を目指すと共に体軸を広めて行けたらと考えている。

▲PAGE TOP

〈岩手県〉

高橋 仁

作業療法士

作業療法士免許取得後、急性期・回復期の総合病院にて勤務。様々なセミナーや研修会に参加し、手技などを学ぶが、上手く患者様に生かすことが出来ず苦境に陥る。
そんな中で、模索しているうちに「体軸」に出会い、軸の存在、タッチやセラピスト自身の身体の使い方の重要性を知る。
現在では、体軸理論を用いたタッチや身体の使い方によって患者様だけでなく、自分自身への変化も日々感じている。
今後は、たくさんの人に「体軸」について知ってもらい、「軸」を持つことの重要性を伝えるべく、患者様だけでなくセラピストにも体軸理論を用いたアプローチを行っていきたい。

▲PAGE TOP

〈福島県〉

村岡 祐太

理学療法士

総合病院に入社し、急性期~慢性期に至る様々な疾患の患者様・利用者様に対するリハビリに従事。
これまで多くの講習会に参加するも、臨床では自分自身が思い描いたようには結果が出せず、悩む日々が続いていた。
そんな中、体軸理論に出会い、学んでいく中で日々の治療効果だけでなく、自分自身の身体の使い方や思考過程の変化に気づき、これらの重要性を知る。
今回、さらに体軸理論における知識・技術をつけたいと考え、認定資格を取得。今後は講師としても成長できるよう日々、自己研鑽に励んでいく。

▲PAGE TOP

〈栃木県〉

加藤 雅大

理学療法士

栃木県内の病院に勤務。主に内科疾患、外科疾患後の廃用症候群、運動器疾患の高齢者のリハビリに従事している。
臨床2年目のとき、自分が患者様に提供しているリハビリに疑問を感じ、ほぼ毎週のように研修会に通い始める。
研修会に通うことで様々な知識・技術を学び引き出しは増えたが、患者様にうまく還元できず悩んでいた。
そんな時、体軸理論(TLテクニック)を学び始める。学び始めてからは、改善する患者様も増えると同時に、自分自身が上達していく喜びを感じることができるようになった。
体軸Body worker認定講師として、患者様とセラピストの両者が良くなっていく喜びを伝えることができればと思っている。

〈栃木県〉

矢澤 拓磨

理学療法士

やざわ整体院院長

キメ声セラピスト

栃木県内の医療法人に勤務していた。体軸の考えに出会い身体機能や技術力が向上し、施術や心と身体に関する考え方が一新する。理学療法士の可能性を模索し、2014年に独立、やざわ整体院を設立する。
医療法人に勤務していたころは何をやってもうまくいかず、悩み続ける日々を過ごしていたが、体軸を学び始めてから自分の体が整う事で心も落ち着くことを体感する。そして、自分と同じ体験をもっと世の中の人に広めていきたいと考え、体軸bodyworkerを受講するに至る。
体軸理論を発声やコミュニケーション能力に応用させ、現在は日本で初のキメ声セラピストとして活躍しており、自分に起きた変化をもっと多くの人たちに体感してもらいたいと活動している。

▲PAGE TOP

〈埼玉県〉

竹房 千尋

作業療法士

急性期病棟と療養病棟を有する病院にて地域医療に従事。担当は整形疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患等多岐に渡り、入院・外来患者様の機能改善や日常生活支援を行っている。
日々、患者様の精神面の不安定さやリハビリ拒否、施術中の反応や治療効果の違いに苦慮し、自身の対応に原因があるのではと考えていた。
そんな折、体軸Bodyworker認定資格を得られる講座があると知り、自分を変える為にも受講に踏み切った。
体軸Bodyworker認定講師は体軸を知り体感するスタートラインという認識でいる為、今後は体軸を更に多方面から熟考し、理解を高め、実体験も交えより深い体軸を伝えていけたらと考えている。

〈埼玉県〉

永田 英司

理学療法士

JARTA認定スポーツトレーナー

理学療法士免許取得後、総合病院にて急性期から慢性期までのあらゆる疾患に対するリハビリを経験する。
整形外科分野の外来リハビリに魅力を感じ始めた頃に、リハビリ室の立上げから関われるクリニックから誘いを受け移籍。現在は管理職として外来リハビリに従事。
移籍以後様々なテクニックを学ぶが、今一つ絶対的な自信を持てず治療に難渋していた頃に、セラピスト自身の身体を整えるという考え方と出会い、体軸を整えるボディワーク実践。
自身の身体が変化するとともに、テクニックではなく自身の身体の使い方が良くなかったことに気付く。
同時に患者様の身体の使い方にも着目するようになり、現在は症状の本質というものをより深く理解したうえでの治療の展開を心掛け、日々研鑽を積んでいる。

〈埼玉県〉

石川 秀登

理学療法士

理学療法士の免許を取得後、急性期病院に勤務し整形外科疾患を中心に理学療法を実施。目の前の患者様をより良くしたいという思いで様々なセミナーへ参加しテクニックやノウハウを学んできたが、思うような成果を出すことができず悩んでいた。
そんな時に体軸理論に出会い、自身の状態が患者様に大きな影響を与えるということを理解する。また意識の重要性や視点の高い考え方の重要性を改めて痛感する。
体軸理論は全てのことにおいて、視点の高い物の考え方ができ、人の体の原理原則を捉え、潜在能力を引き出してくれるものであると考える。体軸理論が広がれば、患者様・セラピストに双方にとってとても非常に有益なものであり、まずは自身が身近なところから伝えていければと思っている。

▲PAGE TOP

〈東京都〉

渡邉 佐知子

作業療法士

エサレンボディワーカー

骨盤調整ヨガインストラクター

ひめトレインストラクター

運営しているデイサービスや女性専門の整体とリラクゼーションのサロンで、結果の出せるリハビリ・施術を提供できるように様々な勉強をしてきたが、その中でも体軸の鍛錬に参加しすぐに自身の身体が変化した事が体軸を学ぼうと思うきっかけになった。
体軸理論・TLテクニックを学んでいくうちに、自身のからだ・心の事がよくわかるようになったと同時にクライアントの変化もとてもよくわかるようになる。
体軸理論・TLテクニックで学んだ包括的な視点は5年前にエサレンボディワークの中で意識(魂)・心・からだの繋がりをもってクライアントと場を共有する学びと同じであり、しかも誰もが身につけられるよう体系化され汎用性に優れている事に深い感銘を受ける。セラピストとしては必須にしても良いくらい大切な理論・視点だと共感し体軸bodyworkerとして活動を志願する。
今後は体軸bodyworkerとして、セラピストに自身がからだを整える事でクライアントに提供できる可能性が広がる事を伝えたり、体軸を活かして妊娠・出産・育児がしやすい女性のこころとからだをサポートするとともに、こどもの健やかな成長を促す教室なども行っていきたいと考えている。

〈東京都〉

森田 佳祐

理学療法士

ヨガインストラクター

住環境コーディネーター

BLSプロバイダー

東京都内の病院にて、療養・回復期・外来を担当。1年目に実習や先輩から学んできたことだけでは、なかなか治療効果がだせず悩んでいた。何を学べばいいのか、そもそも自分はどんな理学療法士になりたいのか、それを学びに様々な勉強会に参加。経験を重ねていくに連れてなんとなく感じていたことが体軸の本には理論として書かれていて、それからはよりシンプルに後輩指導などが行えるようになった。
現在は院外にてプロのダンサーのコンディショ二ングトレーナーや、パーキンソン病の体操教室の運営なども行ない、体軸bodyworkerとして楽しみつつ社会に貢献していきたいと考えている。

〈東京都〉

大澤 竜太

理学療法士

現在、都内の訪問看護ステーションに勤務。体軸リハを学ぶ中で、セラピスト以外の人にも広くわかり易く体軸というものを伝えたく体軸BodyWorkerを受講する。自身で体軸を勉強・経験することで施術の精度が向上。また、疲れにくくなり、特に歩くのがとても楽にもなった。
趣味の野球でも打撃の精度が上がり、スローイングでの肩の痛みも軽減してプレーすることができるようになり、今までと違う体の変化を感じるようになる。
今後もより体軸を勉強し自身も鍛錬していき、動くための基礎に必要な身体作りを多くの人に伝えていきたいと思っている。

〈東京都〉

吉田 一也

理学療法士

リハビリテーション学修士

キネシオテーピング指導員

理学療法士免許取得後、整形外科病院に勤務し、運動器リハビリテーションに従事する。
現在は理学療法士養成機関に勤務し、学生教育に従事する。
主に運動器理学療法、スポーツ理学療法、キネシオテーピング療法に関して研究や講習会講師などを通して情報発信している。
体軸Bodyworker認定講師としてセラピストへの体軸理論の臨床応用について受講者と学んでいきたい。

【所属学会】
理学療法科学学会、日本徒手理学療法学会(評議員)、キネシオテーピング療法学会など

【書籍】
ブラッシュアップ理学療法(共著、三輪書店)
【過去メディア出演】
H24年8月掲載 療法士.com「第33回 療法士インタビュー」取材記事掲載
H25年11月発刊「月刊スポーツメディスン11月号」取材記事掲載

〈東京都〉

柿原 弘和

経絡ヨガインストラクター

アンダーザライト ヨガスクール TT1終了

能楽師 高安流大鼓方

重要無形文化財総合指定保持者(日本能楽会会員)

仁平美香氏の施術を定期的に受け、体軸が整いその効果を実感する。
力みやすかった身体が緩み、大鼓を打つ上でも、より繊細に身体を使えるようになってきたと感じている。
施術によって整えて頂くだけでなく、体軸理論を学ぶ事でさらに自らのパフォーマンスを向上させ、そのノウハウを体軸ボディワーカーとして多くの方々にお伝えしていきたいと考えている。

【所属】
公益社団法人能楽協会 東京支部

〈東京都〉

中島 陽平

理学療法士

静岡県の回復期リハビリ病院に入職後、中枢神経疾患、整形疾患、内科系疾患など様々な疾患の患者様に対して在宅復帰を目指したリハビリに従事する。
「結果の出せるセラピスト」を追求する中で体軸理論・TLテクニックに出会い、体軸理論を学ぶ中で自身の身体能力・認識能力が成長し、今までの治療技術や治療効果の向上を実感する。
現在は都内の整形外科クリニックで体軸理論を軸として、局所と全身の関係性をとらえる包括的なアプローチを展開おり、今後はセラピストに限らず、からだやこころに興味・悩みがある方たちに体軸を広めていきたい。

〈東京都〉

栗田 洋平

理学療法士

呼吸療法認定士

理学療法士免許取得後、回復期でのリハビリを経験し、現在は訪問リハビリに従事。患者様により良いリハビリを提供したいと常に考え、様々なセミナーに参加して知識や技術の向上を図るが、習得した内容を臨床で実践しても結果が出ず悩むことが多かった。そんな中、体軸と出会い、リハビリを提供する以前に、自らの心身が整っていない状態では結果が出せない事を実感する。体軸を整える事で、タッチの精度や治療効果が向上し、さらに自身の腰痛が改善することに驚きを覚える。
体軸はリハビリ職種だけではなく、一般の方も是非知って頂きたいと考えている。身体の中で起こる変化を皆で共有して、体軸Bodyworkerとして社会貢献に努めたいと考える。

▲PAGE TOP

〈神奈川県〉

中津 敬兒

柔道整復師

キネシオテーピング認定トレーナー

メディカルスポーツトレーナー

幼少の頃から、水泳、柔道、サッカー、サーフィンなど多くのスポーツを愛好。
ケガも捻挫、脱臼など多数経験。その経験を生かせる職業、柔道整復師を志す。
現在、年間3万人以上の患者が来院する関東最大グループの整骨院に所属。約100名いるスタッフの中で指名予約数は常にTOP3をキープ。役員としてスタッフの指導&育成に従事している。
10年以上に渡ってスポーツ選手から一般の方まで「痛みの根本原因を究明し真の健康体づくり」をモットーに治療。プロ野球や世界で活躍するサッカー選手などの一流スポーツ選手を多数治療。外傷治療だけなくケガをしない身体づくりのため、コアトレーニングやカイロプラティック、オステオパシーなど最新医療を研究。
その中で体軸リハビリテーションに出逢う。身体意識や体軸を操作することで、難渋慢性疾患や身体を飛躍的にパフォーマンスアップする効果に感銘。体軸リハビリテーションを学ぶことで体軸にかかわる全ての人が、真の健康体を手にいられるように日々研鑽しベストな治療を提供している。

〈神奈川県〉

篠崎 桂太

理学療法士

フットケアトレーナー

福祉住環境コーディネーター

一般病院での経験後、現在は横浜の整形外科クリニックにて、外来リハ責任者として勤務。同時にスポーツクラブにて、日常の身体ケアを中心にパーソナルトレーナーとして活動している。
様々な治療技術に出会う中で、セラピストの身体の状態によって、治療技術の習得や効果に差があることを感じながらも、治療技術の研鑽に励んでいた。しかし、根本治療にはクライアントへ身体の使い方を再学習してもらう必要があり、良い指導方法を模索していた。
そんな折、TLテクニックや体軸理論に出会い、クライアントとセラピスト双方にとって、パフォーマンスを向上させることが出来るのが体軸理論であると実感した。この体軸理論を習得し広めることで、より多くの人が真の健康を獲得する手助けをしたいと考えている。

▲PAGE TOP

〈富山県〉

松井 洸

理学療法士

地域包括ケア病棟を中心とした主に慢性期の整形、中枢疾患のリハビリテーションに従事する。慢性期疾患に思うように結果を出せず悩む中、体軸に出会い自らの身体の変化、相手へ与える影響について学び、臨床でも体軸を活かして慢性期の患者様にも結果が出せることに感銘を受ける。
北陸ではまだまだ体軸が浸透しておらず、体軸Bodyworkerとして富山を中心に体軸を広めていきたいと考えている。

▲PAGE TOP

〈静岡県〉

楯 人士

理学療法士

静岡県内の内科クリニックに勤務。
以前勤務した整形外科クリニックでは徒手療法、インソール、運動連鎖等、筋骨格系の概念について特に研鑽していた。しかし、現在の内科クリニックに勤務するようになりさらに包括的な捉え方が必要と感じていた時に体軸理論に出会う。
体軸を学んだことにより、包括的な考え方ができるようになり、視野が広くなったことを一番感じている。
現在は体軸を治療に生かすべく、更に進化するため体軸理論を学んでいる。

▲PAGE TOP

〈愛知県〉

中根 増人

理学療法士

理学療法士の免許取得後、愛知県内の老人保健施設に勤務。複合的な疾患を持った高齢者を担当し、様々な疾患や症状を経験する中で、治療を行う上で根本となる身体や意識の使い方、思考方法の重要性を認識し体軸理論を学ぶ。
体軸理論を学んで身体や意識の使い方を変えることで自身の感度、相手の反応や治療効果に大きな変化が出ることを体感し、体軸の重要性を認識する。
体軸の習得のために日々の鍛錬に加えて体軸理論の学習を行う中で、体軸理論を広めていきたいという思いから体軸Bodyworker認定講師を目指す。
講師として活動する事で自身を高めながら、少しでも多くの方に体軸の素晴らしさを伝えて、実感してもらえることを目標とする。

〈愛知県〉

林 貞子

作業療法士

作業療法士として病院で勤務。整形疾患、神経疾患、高齢者疾患、発達障害のリハビリテーションに携わる。長年仕事をしていく中で、自身の体調不良や腰痛に悩まされる。
偶然に体軸を知り、取れ入れるようになると、体調も整い痛みもなく穏やかに仕事に取り組めるようになる。そのうち、東洋医学やヨーガ、アーユルヴェーダにも興味を持ち、全米ヨガアライアンス(RYT200)を取得し、月経血コントロールヨガ講師でもある。
また、病院を退職し、広く多くの人の健康に携わりたいと名古屋でヨガクラスとコンディショニング整体を行う。
体軸Bodyworker認定講師として、体に負担の少ない体軸を意識したヨーガ、姿勢や歩行を広めていきたい。

〈愛知県〉

古池 拓也

作業療法士

回復期病棟、特別養護老人ホームでのリハビリを経験し、現在は愛知県内の訪問看護ステーションにて患者様のリハビリを行っている。
様々な勉強会に参加する中で、体軸理論という考え方に出会い、セミナーへの参加を始め、そこで学んだ知識や技術を治療に取り入れ実践している。
高齢者の転倒、多くの疾患の予防のため、体軸理論と作業療法を掛け合わせた活動を行っていけるよう日々奮闘中。
今後は自分自身の活躍の場を拡げて、多くの方と出会えるよう、現在学んでいる体軸理論を作業療法にどう活かしていくかを考え、一般の方々をはじめ、介護の現場等、身体が基本となる職業に従事されている方を中心に体軸Bodyworkerとして学んだ知識や技術を伝えていけるような活動を考えている。

〈愛知県〉

寺本 圭佑

理学療法士

呼吸療法認定士

介護支援専門員

整形外科クリニックにて外来を中心に、急性期、デイケア、訪問リハビリなど幅広い症例の理学療法を経験。その中で、心と体のつながりや、セラピスト自身の体の使い方に興味を持ち、体軸理論と出会う。
体軸を学んでいくことで、タッチの精度や治療効果など、多くの変化を実感することができた。
今後は体軸Bodyworkerとして、セラピストのみならず、医療従事者や介護職、そして一般の方にも体軸理論を取り入れた体の整え方を伝えていきたい。

〈愛知県〉

船越 議生

理学療法士

Therapy salon『Feuno』代表

ある日突然、股関節痛を患い、変形性股関節症と診断され、人工股関節全置換術(THA)を勧められた。試行錯誤しながら筋肉をゆるめていったところ、痛みが消えていった。この経験から、無駄な筋力を使わないことの重要性を感じる。そのような中、体軸理論と出会い、効率的な身体の使い方を学術的に追及しようと思い、体軸Bodyworkerを受講。体軸理論を活用すると、ますます身体が楽になっていった。
健康に関心のある全ての人に体軸理論を活用して頂くため、体軸Bodyworker認定講師として幅広く活動していきたい。現在は、急性期病院に勤務する傍ら、セラピーサロン『Feuno/フーノ』を立ち上げ、西洋医学以外の理論も取り入れながら、痛み解決への活動を行っている。

▲PAGE TOP

〈三重県〉

篠原 史郎

理学療法士

急性期病院・回復期病院での勤務の中で、内科系疾患(手術前後含む)・中枢疾患・整形疾患など、幅広い疾患を担当してきました。また、1年目の頃から様々な治療テクニックを学んできましたが、思うような結果が出せず悪戦苦闘の毎日でした。
そんな時、出会ったのが体軸であり、自分のセラピストとしての身体の不十分さに愕然としました。
その経験からBodyworkを通して自分の身体のメンテナンスを行うことで、タッチの仕方などが変化し、少しずつですが患者様への治療効果の変化も実感できるようになりました。
体軸Bodyworkを通して多くの方々に自分の身体が整う重要性を伝えていきたいと思います。

▲PAGE TOP

〈広島県〉

西井 亮

作業療法士

国際認定 Red cord Neurac1 Neurac2

作業療法士免許取得後、一般病院での急性期・外来リハビリ業務を経て、リハビリ特化型デイサービスでのリハビリに従事。
リハビリを行う際、緊張が強い「かたい」利用者に対して難渋するが、体軸を学ぶことで自分自身のタッチが利用者を固めていたことに気づく。また治療者側である自身の体軸を整えることで、今まで講習会などで学んできた技術が行いやすくなったと感じる。
体軸Bodyworkerとして治療技術の向上だけでなく、治療者側の身体作りの重要性を伝えていきたい。また身体的・精神的に問題を抱えている方に体軸が理解され、より生活の質が良くなるよう支援していきたいと思う。

▲PAGE TOP

〈京都府〉

山崎 朋也

理学療法士

京都府の総合病院へ入職し、様々な外来・入院患者様のリハビリを担当しています。
臨床を重ねる中で、長引く痛みの患者様など難渋症例に対し、悪戦苦闘する中で体軸理論に出会いました。
体軸を学ぶ事で、治療時のタッチの変化や自身の身体への負担が減り、また関係主義を学ぶ事で治療時だけでなく日常生活のなかでの思考過程が大きく変化しました。
自分の臨床を大きく変えてくれた体軸理論をより深く学び、またより多くの人に知って頂きたいと考え、体軸Bodyworkerを受講しました。難解な理論ですが、一緒に学んでいければと考えています。

▲PAGE TOP

〈大阪府〉

宮崎 隆三

理学療法士

整形外科中心のクリニックに入職し、主に外来の患者様のリハビリを担当。理学療法士の資格を取得して以来、壁にぶつかることが多く、問題を解決する為に毎週のように様々な勉強会に参加する生活を長期間送っていた。
今思うと、自分の「軸」となる考え方を持てなかったことが原因と振り返る。
体軸理論に出会い、自らの身体の「軸」・考え方の「軸」が整うことで、自らの体の使い方や考え方が整理され、日々の思考過程・治療が大きく変化した。
体軸を学び、「軸」が整うことで起こる変化を少しでも多くの人に伝えていきたいと考えている。

〈大阪府〉

灰方 淑恵

理学療法士

JARTA認定スポーツトレーナー

健康教育学修士

理学療法士免許取得後、一般病院での勤務を経て、公立大学法人で教鞭を取る。再び臨床に戻り対象者と向き合い、自分を変える「何か」を模索している中で体軸理論に出会う。
体軸の鍛練を続けることで、自分の心身が整い、対象者への治療効果が劇的に上がることを経験する。また、センターを身につけたことで視点が上がり、人生の目的を見つける。
苦しみを克服した経験を生かし、対象者の気持ちに寄り添えるような講師になるべく、日々精進している。
現在、一般病院にて勤務するかたわら、ダンサー専門のトレーナーとして活動し、体軸理論をハイパフォーマンス獲得に応用している。

〈大阪府〉

河野 拓也

理学療法士

一般病院に勤務し、急性期から慢性期までの運動器疾患や内科疾患、交通事故後の理学療法など、幅広い疾患のリハビリテーションに従事する。
痛みが強い慢性疾患や事故後の患者様に対し、問題点の捉え方に悩み、学んできた治療技術の効果が出せず、治療に難渋する。
その中、体軸理論と出会い、強い感銘を受ける。体軸bodyworkを通じて、自分の身体の使い方が変化しタッチが劇的に変わることを経験した。また、臨床の中で思考に変化が生まれ、治療効果の向上を実感した。
今後更に深く体軸理論を理解し、セラピストの身体づくりの重要性を多くの方に伝えていくため、日々体軸の鍛錬を積み臨床にも応用している。

〈大阪府〉

幟 宏美

理学療法士

JARTA認定スポーツトレーナー

部活動中に怪我をしたことで、スポーツトレーナー・理学療法士を目指すことに。理学療法士の免許取得前は整形外科クリニックでリハビリ助手をしながらトレーナー活動を行っていましたが、免許取得後は急性期~慢性期(外来・訪問リハビリ)の各分野で脳血管疾患や内・外科疾患を中心に様々な疾患・症状をもたれた患者様のリハビリを担当。
トレーナー活動を再開させたいと思った時に、体軸理論と出会い、セラピスト自身の身体意識や身体の使い方が患者様に与える影響を知り、治療中の思考の変化・治療効果の向上を実感した。
今後も鍛錬し、臨床現場・スポーツ現場を中心に体軸理論を伝えていきたいと思う。

〈大阪府〉

藤田 友和

理学療法士

JARTA認定スポーツトレーナー

高校時代野球での度重なるケガにより理学療法士を志す。
大阪府の整形外科クリニック就職し、現在は訪問看護ステーションに勤務しながら野球(甲子園大会など)を中心にスポーツトレーナーとして活動も行っている。西洋医学のみでなく東洋医学の考えも取り入れながら日々の臨床やアスリートの施術を行っている。
体軸理論(TLテクニック)などをベースとして考えることでバラバラだった物事の捉え方が鎖のように一つに繋がることを実感した。また自身の身体の状態が他者へも多大なる影響を及ぼすため、日々鍛錬することの重要性も実感している。
所属するJARTAでは代表の中野とともにトレーナーへの技術指導なども行っている。

【所属】
株式会社JARTA international
Executive Technical Manager
SSランクトレーナー

▲PAGE TOP

〈福井県〉

竹原 康浩

理学療法士

急性期を中心とした総合病院に勤務。
体軸を用いた身体の使い方と理論を学ぶことで、身体機能、脳機能、身体意識が高まり、リハビリ、スポーツ、日常生活など幅広い分野に生かせたらと思っている。
体軸を意識するようになって少しずつ効率のよい身体の使い方ができてきたと感じる。
今後、さらに体軸を身につけて、色々な方に還元できたらと考えている。

〈福井県〉

梅田 拓弥

作業療法士

現在、福井県内の総合病院で作業療法士としてリハビリを提供し、様々な疾患を持つ患者様を担当。これまで多種疾患に対して勉強し、セミナーなどに参加しながら患者様を良くしていきたいという目標を持ち取り組んできた。
しかし、なかなか良くなるといった実感が持てない日々を過ごす。
あるセミナーで知り合った先輩が体軸を勉強し、患者様を良くしているのを肌で感じ、体軸Bodyworkerの講座を受講。
少しずつではあるものの、患者様をよくしていける実感が以前より持てるようになり体軸Bodyworkerの活動を通じ、もっと多くの人たちに広めたいと考えている。

▲PAGE TOP

〈兵庫県〉

橋本 宜昭

理学療法士

理学療法士免許取得後、総合病院、整形外科のクリニックに勤務。これまで様々な研修会に参加してきたが、難渋する症例で対応しきれず悩んでいた。
体軸理論と出会い、体軸を整える軸ワークを実践することで自分の体の変化を感じた。自分の体の変化に気づくことで患者様の動きをより理解することがでるようになった。思考においても以前より広い視野の考え方ができるようになったと感じている。
今後は体軸bodyworkerとして、自らの向上を目指すと共に、多くの方々に体軸のすばらしさを広めて行きたいと考えている。

▲PAGE TOP

〈奈良県〉

鍛治 秀生

作業療法士

奈良県生駒市の訪問看護ステーションに勤務。脳卒中後遺症者が自分の体を意識できると動きの質が変わることに気付くものの、どのように治療展開していけばいいのかが分らなかったときに「体軸理論」に出会う。
セラピスト自身の「身体意識」を高めること、そうすることでタッチの質が劇的に変化することに大変驚く。
そして、自身の「身体意識」を高めることが相手の「身体意識」も高めることに繋がることを学び、日々研鑽を積み、これからも学びを深め、「人間の可能性」を追求していきたいと思う。

▲PAGE TOP

〈和歌山県〉

安原 博文

理学療法士

現在、介護事業でのリハビリを行う。私と体軸の出会いはその後のセラピストとしての考え方を大きく変えた。
体軸理論について知るまでは自分の体を整える大事さについて考えていなかった。
自分の身体を調整して、体軸理論を用いて治療をしていくと今までより短時間で治療効果を出すことができるなどの変化が起きた。
素晴らしい体軸理論を伝えたく思い、体軸Bodyworker認定講師資格講座を受講。今後は更なる体軸理論についての学びを深めながら、皆様とボディワーク等を通して体軸を共有できるように取り組んでいきたいと思う。

▲PAGE TOP

〈島根県〉

平塚 浩気

作業療法士

作業療法士として整形外科クリニックで運動器疾患のリハビリを経験し、現在は急性期か回復期の病院に勤務し脳血管疾患や呼吸器疾患、内科疾患など幅広い患者さんのリハビリに従事。
今まで様々なセミナーに参加する中で、体軸理論に出会う。体軸理論を学ぶ中で治療時の患者さんへの触り方の変化や自分の身体を効率良く使えるように変化がみられ、思考過程では関係主義での考え方を行うことで様々な観点から物事を捉えられるようになった。
自分自身まだまだ学んでいる最中であり今後もさらなる理解を深めること、また体軸理論の素晴らしさを少しでも認定講師として伝えていきたいと思っている。

▲PAGE TOP

〈岡山県〉

須田 隆

理学療法士

岡山県の山間部の病院にて勤務。理学療法士になり20年が経過した頃、自分の心体は正直、かなり疲労してきていた。その中で偶然出会った書籍が高岡英夫先生の「ゆる体操」。
「緩む」という概念について新鮮さを覚え、他の書籍も読むようになり、また、いろいろなセミナーにも参加。その中で共通して学んだ点が自分の身体意識や状態が患者様に影響を与える事について痛感させられた。
この体験を生かすため、今後、医療従事者、スポーツ選手、農業林業等の肉体労働者の方々に自分の身体のメンテナスの重要性を知って頂きたく、体軸Bodyworkerを受講。
また子供のスポーツ障害予防にも力を入れていきたいと思う。

▲PAGE TOP

〈徳島県〉

佐々木 育代

理学療法士

福祉住環境コーディネーター

徳島県内の病院にて回復期病棟に勤務しており、中枢系疾患、整形疾患を中心に担当。
様々な勉強会に参加するなかで体軸×リハビリテーションアカデミーに出会い、身体意識や自分の身体が患者様に与える影響等を知ることでセラピスト自身の身体の使い方が重要だと気付く。
今後も自ら実践、勉強し、またより多くの人に体軸を知って頂くため、体軸Bodyworkを正しく伝えていきたいと思う。

〈徳島県〉

山家 恭平

作業療法士

治療は技術だけでなくセラピスト自身の状態によっても大きく左右されることを知り、治療効果を高める鍛え方を探していた。そして体軸bodyworkを知る。
理論は分からないがとにかく効く。何に効くかというと、まず自分の心身が格段に楽になった。仕事後の肩こりも今は感じない。そして治療結果も確実に変化した。タッチは深くなり相手の身体の微細な変化も感じれるようになった。そして何より素晴らしく思うのは、やればやるほど楽しく、この楽しさには終わりがないということだ。
この感動に共感してくれる人を増やしたく、体軸bodyworkerを取得した。今後は四国を中心に体軸を広めていきたい。

〈徳島県〉

天野 正三

作業療法士

徳島県で回復期病棟での勤務しており、中枢・整形疾患を中心に担当。
慢性疾患や不定愁訴に対しての問題点に十分な治療を行うことが出来ず難渋。

体軸理論に出会い、身体意識[身体をゆるめる]大切さに感銘。その後の治療効果にも大きな変化があった。

体軸bodyworkを通じて、セラピスト以外にも体軸を広めたいと思っている。

▲PAGE TOP

〈福岡県〉

豊田 浩史

理学療法士

福岡県内の総合病院にて回復期病棟に勤務しており、高齢者の中枢疾患、整形疾患を中心に担当。
臨床の中で「同じ手技でもタッチが変わることで効果が高くなること」「セラピスト自身の緊張を抜くことが患者様の緊張軽減に繋がること」に気づき、手技の土台としてセラピスト自身の身体の使い方、体軸を意識するようになる。
現在はセラピストを治療できる理学療法士になることを目標に新人向けセミナーの活動中。
体軸を全国のセラピストに広げるため、体軸bodyworker講師福岡1期生として日々自己研鑽に励んでいる。

〈福岡県〉

中村 雄也

作業療法士

現在、福岡県内のリハビリ特化型デイサービスに立ち上げメンバーとして従事。慢性疾患や不定愁訴を抱える利用者様へ結果を出すセラピストになりたいという想いから体軸×リハビリテーションアカデミーの受講に至る。
体軸により、施術者と被施術者の関係性や意識の重要性を理解していくことで臨床での変化を実感していく。
また現象の捉え方が多面的になり、施術のみならず自身の精神面、思考へ多大な影響を受ける。
体軸Bodyworkerでは自身を磨きつつ、セラピストや多くの人々に軸を形成することで得られる身体・精神・価値観の変化と喜びを伝え、共有できるような講師として活躍していきたいと考えている。

〈福岡県〉

當眞 嗣友

理学療法士

平成生まれの体軸Bodyworker認定講師。平成24年に理学療法士免許取得。
日々、要素主義的に勉学に励むも臨床で思うように結果が出せず苦難する。最中、体軸理論を学び、自身の体軸、身体意識、関係主義の重要さに気づき、体軸Bodyworkを取り組むようになる。
身体の使い方、タッチの仕方、思考過程に劇的な改善があることを実感し、臨床でも次第に結果が出せるようになる。同時に、周囲の若いセラピストでラフな身体の使い方、要素主義的な考えを持つセラピストが多いことに気づく。
自身のように伸び悩む若いセラピストにも体軸理論を知ってもらうきっかけ作りができればと思い、体軸Bodyworker認定講座を受講し資格取得。九州を中心に体軸理論の普及活躍を行っていく。

〈福岡県〉

筒井 隆太

作業療法士

昔から、剣道や空手、総合格闘技などを経験、鍛錬を続けてきた。フィジカルはある程度伸びるが、追い込めば追い込むほど身も心も凝り固まってしまい、パフォーマンスに繋がらなかった。
あるとき、心身双方が緩むと、絶妙にパフォーマンスが高まることに気づく。『緩む』ことに潜在能力を発揮する何かがあると感じ、学びを続け、『体軸』に出会う。『体軸』に出会い、鍛錬を重ねる中で、心身が緩みつつも軸ができ、生きていく上でのバランスの取りやすさを実感している。
現在は精神科病院に勤務し、『体軸』を導入しながら自己・他者調整、患者様の生活能力・社会適応支援を行っている。今後、『体軸』を通じて皆様が【健康に生きていく】手助けができればと思い認定講師になる。

〈福岡県〉

志井 一昭

運動指導者

福岡県にあるBODY CREATE ROOM(YS.Renovate整骨院に併設したコンディショニングルーム)を2014年10月に立ち上げ、地域の方々に、健康を提供するための施設を展開。大学在学中にジュニアサッカーの指導者をへて、某スポーツクラブに勤務。
現在は生涯スポーツであるゴルフを中心に活動している。体軸理論との出会いは、効率のいいパフォーマンスUPの仕組みについて考えていたときのこと。さらに、その理論の根源となる本を大学時代に数多く読んでいたことにより、運命的な出会いを感じた。
体軸理論を体感したことにより、効率のいい身体の使い方を理解した。その経験を数多くの方に伝えていくこと。そして、まずは地域の方々の健康をささえることに尽力していきたい。

〈福岡県〉

野口 峻

作業療法士

作業療法士として急性期病院で勤務。毎日の治療の中で今までとは違う視点・方法から治療できないかと思っている時に体軸理論を知り、体軸Bodyworkerに興味をもち調べる中でこれからの治療には必要だと思い体軸Bodyworkerを受講。体軸Bodyworkerを受講して、自身の治療に対しての意識や姿勢が柔軟になりより広い視点で患者様を見ることを意識できるようになっていった。
関係主義と要素主義の両方を持ち合わせた治療が今後セラピストに求められると思っており、講師として多くの人に体軸の重要性を伝えるため更なる体軸理論の理解を深めていきたいと考えている。

▲PAGE TOP

〈熊本県〉

尾川 隆

理学療法士

熊本県の急性期・回復期病院にて勤務。日々の臨床の中で思うように治療結果を出せず、また、自分の考察に偏りを感じるなど壁にぶつかる。
そんな中、体軸理論に出会い、治療者側の緊張状態が患者様に与える影響や、物事を捉える為の軸を知り、更に理解を深めたいと思い学び始めた。そして、体軸を経験していくにつれ、治療中の意識の向け方が変わり、患者様から得られる情報量も徐々に増え、考察の幅が広がっていった。
今後、更に体軸を身に付ける為には、他者に指導できる程、理解する必要があると考え、体軸Body workerを受ける事を決意した。
これからは、講師として体軸を活用した各種ボディーワークを正しく伝えていきたい。

〈熊本県〉

土肥 昌太郎

理学療法士

理学療法士免許取得後、総合病院で勤務。様々な患者様に対してリハビリ提供する中、治療手技の幅を広げたいと考え、体軸Bodyworkerを受講。ボディーワークを通して、身体意識が身体や精神面へ及ぼす影響について経験することができた。
体軸理論のエビデンスも確立されつつあり、更に理解を深め、積極的にリハビリテーションへ活用していきたい。また、体軸Bodyworkerとしての能力向上を図っていきたい。

〈熊本県〉

両角 彰則

介護福祉士

食育指導士

上級介護予防運動スペシャリスト

幼い頃から剣道を中心に様々なスポーツを行っていた。スポーツを通して自身の怪我が多く、数年前から整体など通う中、身体のケアに興味深く思っていた所に体軸&リハビリテーションを知った。
現在、障がい者支援施設(知的)で働いており、上手く自分の気持ちを表現できない、障がいによって内面も身体的にも上手く自己コントロールできないなどの方々を支援している中、一つの技法として体軸理論を学び、活用して何かしら得られるものはないかと思い、体軸Bodyworker認定講座を受講した。
体軸を経験し、自身の軸の作り方や他者へのアプローチする際の余計な力みが無くなった。今後、もっと体軸理論や体のメカニズムなどの専門的な知識を学び、たくさんの人に体軸を広めていきたい。

▲PAGE TOP

〈大分県〉

原田 琢也

理学療法士

以前からセラピストとしての体作りに興味を持っており、体軸リハセミナーを受講していた。
そのなかで、体軸Bodyworkerを知って、自分の引き出しの幅を広げるために受講。
体軸を受講して、受講前と比べて、自分自身のタッチの仕方に変化を感じた。
またそれによって、患者様の反応が変わったことを感じた。体軸Bodyworkを行い、相手に悪い影響を与えないように自分自身の状態を作っていくのに役立つと考えている。
認定講師として、体軸を広めていきたい。それにより、患者様への還元が出来ればと考える。また、同じ志を持った人たちともつながっていきたいと考えている。

▲PAGE TOP

〈鹿児島県〉

内山 年明

運動指導者

現在、NPO活動で柔道や運動指導をしています。
その活動の中で子どもたちを指導していて、「軸をしっかりさせたい」と思っていたところ、「体軸」のことを知り、講座を受講いたしました。
講座を通して、体を「ゆるめる」ことで無駄な力を抜き、身体の使い方の変化するのを感じ、効率よく動くことができるようになった気がします。
今後も自ら実践・勉強しつつ、他の方々にも「体軸」の重要性を知っていただき、より良い動きができるようになっていただけたらと思います。

〈鹿児島県〉

野田 卓也

理学療法士

一般企業での経験を経て、リハビリテーションに携わる現場で働きたいという想いから理学療法士免許取得。医療法人にて、生活期リハビリテーションに従事。
高岡英夫氏著書「究極の身体」を読み、身体意識に興味を持っていたところ、体軸理論を学ぶ機会を得られ、現場での介入において、体軸がセラピスト自身の身体状態と患者の介入成果、相互に作用することを強く感じる。
加えて、体軸理論は思考や行動、多くの場面で応用でき、身体だけではなく人生そのものに多くのプラス要素を与えるものと確信。体軸Bodyworkerとしての活動を決意する。

【所属】
Allabout 理学療法士ガイド
PT・OT・STの働き方・学び方発見サイト「POST」国家試験対策責任者
SHUHA-Re 副代表

〈鹿児島県〉

永山 俊介

作業療法士

作業療法士となったのち、総合病院へ入職。7年間の在籍期間中に、青年海外協力隊として中華人民共和国にてリハビリを普及するための活動に2年間従事。現在はデイサービスセンターに勤務している。
帰国後、スポーツトレーニングについて学んでいる中で、「体軸」という考え方や「体軸Bodyworker認定講師」の存在を知り、さらなる学びを深めるために、認定講師養成講座を受講した。
体軸理論はスポーツにおけるパフォーマンスアップの他に、怪我の予防にも有効であり、今後は腰痛経験者を多く抱える介護職種や介護されているご家族などへの展開を考えながら講師活動を行っていきたいと考えている。

▲PAGE TOP

注 意

体軸×リハビリテーションのレベル2・3で習得するTLテクニックですが、認定講師制度となっております。

伝達講習などは当会は推奨しております。

しかし、認定を受けていない方が金銭を受け取ってTLテクニックを指導しているのは認めていません。

以下の者が、一般社団法人 日本ホリスティックヘルスケア協会よりTLテクニック講師認定を受けている者です。

小林大輔 野元友貴  

以上2名となります。

また、皆様がTLテクニックを正しく習得したいのであれば、上記2名から習うことをお奨めいたします。

今後TLテクニック(体軸×リハビリテーションレベル3まで)を習得された方は、

面接後に一般社団法人 日本ホリスティックヘルスケア協会より認定を受けることになります。