【膝が伸びないのは本当にハムストリングスが原因?】

臨床で膝関節が伸びずに困るケースなどありませんか?

 

例えば、長下肢装具をつけるのが困難であったり、

変形性膝関節症で膝屈曲位のまま歩行している患者様がいらっしゃったりすると思います。

 

 

特に、高齢者の方は膝関節の可動域制限が起こりやすい印象があると思います。

 

 

そこでハムストリングスのストレッチを実施しますが、

その場では良くなってもなかなか持続しないことが多くあります。

 

 

この場合、ハムストリングスを固くしている原因を

取り除きれていないことを考えなければなりません。

 

 

問題の要因となっている要素が他にもあるということです。

その一つの原因として、”腓骨筋”が考えられます。

ハムストリングス(大腿二頭筋長頭)の停止は腓骨頭、

長腓骨筋の起始は腓骨頭と外側面の近位1/3とでハムストリングスとの筋連結があります。

また筋膜としてはラテラルラインとして繋がっています。

 

 

この長腓骨筋が萎縮し不活性化が進んでしまうと、

腓骨は下方偏移します。

これに連動しハムストリングスは伸張されすぎないように膝関節を屈曲させる

結果、膝関節は屈曲位となり膝が伸びない

 

という状況が完成します。

 

 

このように「膝関節が伸びない→ハムストリングスが固い」ではなく、

他の関節にも目を向けていくことで現象に対しての原因を見つけ出すことができます。

もちろん今回あげた腓骨筋以外にも問題となる要素はたくさんあります。

 

 

局所と全体の関係性を理解するように評価をしていくことが大切です。

ぜひ、現象以外の部分にも目を向けてみてください!

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!