【胸式呼吸は下部肋骨が大切】

皆様は呼吸法についてどのようにお考えでしょうか?

 

 

ご存知の通り、肺に空気を取り込む呼吸法は胸式呼吸と腹式呼吸の2種類があります。

 

 

胸式呼吸は、

呼吸補助筋である斜角筋群や胸鎖乳突筋などの緊張を挙げてしまうなど、

よく思われていない傾向があります。

 

 

 
しかし胸式呼吸はとても重要な役割があり、

胸式呼吸の方が良い場合もあります。

また身体意識では中丹田を意識し易くなります。

 

 

 

 

胸式呼吸は腹式呼吸に比べて一度に取り込む空気量が多く、

そして速い特徴があります。

また交感神経系を刺激する事で、身体が活発になります。

 

 

 

 

その為、瞬発力が必要な競技や身体を活性化させたい時などには

とても有効な呼吸法を言えます。

 

 

 

ですが、上記した通り呼吸補助筋の過緊張を起こす事があります。

 

 

 

 

実は呼吸補助筋を過緊張させてしまうのは、

胸式呼吸そのものが原因ではなく、胸式呼吸の方法が原因なのです!

 

 

 

 

皆様が胸式呼吸を想像する時、胸の前面が膨らむと想像すると思います。

その様な胸式呼吸の場合は肋骨が前上方に広がり、

肩がすくむ様な呼吸です。

 

 

 

 

その場合、

肋骨前部の可動性が増加し、肋骨前部の動きを制御するために

斜角筋群や胸鎖乳突筋、腹直筋、腹斜筋群が収縮した結果過緊張が生じます。

 

 

 

 

本来の胸式呼吸は前面だけでは無く、側面と後面も膨らみます。

 

 

 

その為には、脊柱・肋椎関節の可動性が向上する必要があります。

特に下部肋骨は硬くなり易い傾向があり、

その原因の多くは横隔膜の過緊張が多く見受けられます。

 

 

 

 

その為、横隔膜をゆるめる事で下部肋骨の動きを向上させ、

全体がバランス良く動く様になれば、

過緊張を起こす原因の肋骨前部の可動性増加が緩和され、

効果的な胸式呼吸が可能となるのです。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

【高齢者における足関節制御の特徴】

姿勢制御には

・足関節戦略

・股関節戦略

・ステッピング戦略があります。

 

 

 

高齢者では

複雑な反応である足関節戦略が有効に機能しなくなり、

股関節戦略で代償する傾向があります。

 

 

 

例えば、

立位での前方のリーチ動作を行う場合、

足関節を中心に身体全体を前方に傾けるようにしてリーチ動作すること

(足圧中心位置が前方に移動)が困難となり、

脛骨の後傾、体幹前傾・骨盤を後方に引いて

股関節を中心にバランスをとる代償を用いるようになることが多くあります。

 

 

 

 

前方にリーチ動作を見る視点として、

リーチした上肢の高さが下がってないか』

を着目するとどのような代償を選択しているのかを評価しやすくなります。

 

 

 

 

そこで、

このような体幹の前傾や骨盤などの外見上に目がいきやすいですが

 

姿勢は同じでも足関節の問題で体幹が前傾しているのか?
体幹や股関節が問題で脛骨が後傾しているのか?を評価することが重要となります。

 

 

 

 

また、高齢者においては股関節戦略だけでなく

小さな動揺刺激が加わった時に

バランスコントロールする足関節戦略を使える要素に

アプローチしていくことが転倒予防に繋がります。

 

 

 

 

ぜひ、この点を踏まえてバランス評価や

理学療法アプローチを考えてみてください!

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

腸蠕動音の聴診の評価

 

脳梗塞の方などで便秘の方、結構多くいるのではないでしょうか?

はたまた消化器系の方では下痢の方も多くいるのではないでしょうか?

 

 

そのような方の腹部の評価の1つとして、

聴診器を用いて聴診を行っていると思います。

 

 

 

腸蠕動音(グル音)は、

腸管内のガスや体液の移動するときの音であり、

腸の動きを把握する指標となります。

 

 

 

聴診の仕方は以下の通りです。

 

 

 

腹壁の1か所に聴診器(膜型)をあて、腸蠕動音を1分間聴診します。

1か所のみの聴診で良い理由としては、

通常、腸蠕動音は腹部全体に伝播するため複数ヵ所で聴診する必要がないからです。

 

 

 

1分間聴診して聴こえない場合は2、3分聴診してみましょう。

それでも聴こえなければ消失と判断します。

 

 

 

腸蠕動音の評価には聴取される頻度と音の性状が重要になります。

 

 

 

 

・正常の音:

「グルグル、ゴポゴポ」といった音が聴診できます。

 

 

・減弱・消失:

腸管運動が低下または停止している状態であり、

  便秘や麻痺性イレウス、絞扼性イレウスなどが考えられます。

 

 

・亢進:

腸管運動が活発な状態。

また、閉塞性イレウスでは内容物を通過させようと腸管が過剰に運動します。

考えられる病態や原因は食事後、下痢、胃腸炎、閉塞性イレウスなどです。

 

 

・金属音:

「キンキン、ピチン」などといった

金属同士がぶつかりあったような高い音が聴取されます。

腸管が狭窄・閉塞し腸管活動が活発な状態。

 

 

 

聴診を行い、腹部の状態はどうなっているのか。

便秘であれば、いつから、腹部の膨満感など、

イレウスの疑いであれば他に嘔吐や腹痛があるかなど

他にもアセスメントする内容もあります。

 

 

 

問診、視診、触診なども踏まえてアセスメントすることが大事です。

 

【エクササイズのスピードで全く違う結果に?】

クライアントへのエクササイズ指導時、

エクササイズのスピードを考えるとさらに

効率的になるかもしれません!

筋肉は、

①遅筋(赤筋)

②速筋(白筋)

に分けることができます。

遅筋は持久力に優れ、速筋は瞬発力に優れると言われています。

よく例に出るのはマグロです。

マグロの筋肉は赤身といわれるだけあって赤く、遅筋の割合が多いです。

なので、あれだけ海の中で泳ぎ回っても疲れないのですね。

人間も同じで、

ヒラメ筋などの抗重力筋は姿勢保持の役割を主に担うため、

遅筋の割合が多いです。

では、エクササイズの際この観点から考えるとどうなるでしょうか?

例えばインナーユニットとして知られる大腰筋は、

遅筋の割合が速筋と比較して多いです。

なので、大腰筋に対してアプローチするとしたら、

速い運動よりも、

ゆっくりの股関節屈曲運動の方が筋は促通されやすくなります。

また、大腿直筋は遅筋と比較し速筋の割合が多いです。

なので、速い膝伸展運動などでより促通されやすくなります。

このように、遅筋と速筋の考え方から

アプローチを組み立ててみてはいかがでしょうか?

体軸リハメルマガ再始動しています!

体軸×リハビリテーションアカデミー代表の小林大輔です!

 

 

 

いつもこちらのブログやfbをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

 

 

 

体軸×リハビリテーションアカデミーでは、

メルマガ配信を再始動しております!

 

 

 

 

これまでお問い合わせの中でも、

メルマガ配信への期待をたくさん頂いておりましたが、

再開までに準備を要してしまいました。

 

 

 

 

またメルマガ登録する際に、

登録完了が出来なかったというお問い合わせも。。

該当される方には、大変ご迷惑をお掛けいたしました。

 

 

 

 

こちらも配信システム変更を実施しており、

現在は新規登録もできるようになっております!

 

 

 

 

今回からのメルマガ発行に関しては、内容を一から再検討しました。

メルマガをご登録いただいている

療法士やセラピスト、ボディーワーカーの方が

いかに最短距離で「上達・成長」できるようにするか。

 

 

 

 

いかに精度の高い評価が行えるようになるか、

必要なアプローチを選択し、適切に行えるようになるか。

 

 

 

 

そのための準備を整えながら、再始動に至っております!

 

 

 

 

昨日のメルマガでは、

当会認定講師がメルマガだけのために毎回執筆する、

「メルマガで学ぶ体軸講座」を開設!

 

 

 

 

体軸理論とその応用について分かりやすく

シリーズでお伝えする講座になっています。

 

 

 

 

 

また基礎解剖学から理学療法・作業療法評価の解説と

評価の統合の考え方もリンクさせながらお伝えしていきます!

 

 

 

 

 

次回以降の配信では、

メルマガ限定動画の配信も予定しております!!

 

 

 

 

 

セミナーや各地で開催されている体軸Dojoになかなか参加出来ない

という方にも、ポイントを動画で分かりやすく解説していきます!

 

 

 

 

 

認定講師は全て理学療法士・作業療法士で構成されていますので、

実際の臨床でのポイントや、

応用の考え方もお伝えしていきます!

 

 

 

 

 

また、いち早く当会主催セミナーの開催告知を先行配信!

それ以外にも、

当会主催イベントやメルマガ限定イベントの開催も予定しておりますので、

お得な情報をすぐにお届けいたします!

 

 

 

 

メルマガ限定記事も多数掲載予定ですので、

この機会にぜひご登録をお願い致します!

ご登録はHP上にあります「MAIL MAGAZINE」をクリックするか、

もしくは、以下のリンクよりお願いします。

メルマガ登録

 

 

 

今後とも体軸×リハビリテーションアカデミーをよろしくお願い致します!

 

 

 

 

【姿勢と起立性低血圧】

臥位から立位になると重力の影響により、
300〜500mlの血液が身体下部の静脈系に貯留するとされています。
臥位での下肢の静脈圧は5mmHgですが、
立位になると心臓からの距離に応じ静水圧は増加します。
重力の影響を受け血管内での変化による組織での間質液貯留により、
静脈還流量の低下を生じ一回拍出量が減少し、その結果血圧の低下を起こします。

起立性低血圧についての日本自律神経学会の推奨基準では
起立負荷中の血圧の最低値が収縮期血圧が30mmHg以上低下、拡張期血圧が10mmHg以上の低下』
とされています。
起立性低血圧は脳血流量を一定に維持する自律神経調整の破綻による脳虚血であり、
虚血の程度により、朦朧感、めまい、かすみ、動悸、ふるえ、失神などの症状を呈します。
このような姿勢変換時の循環調節は、
延髄の血管運動中枢の神経系調節、圧受容体反射、骨格筋の筋ポンプ作用、心臓のポンプ機能、循環血液量、血管系の状態により複雑に調節されています。
従って、循環器系への重力の影響が姿勢にどのように影響を及ぼすのかを理解して
運動様式、質、量を選択することが安全に運動療法を実施できることに繋がります
最後までお読みいただきありがとうございました!

【立位と歩行をつなぐ内腹斜筋の働き】

人が立つ・歩くという動作を行う前提条件として骨盤の安定が大切なのはよく知られていることですね。

 

 

 

しかし、骨盤の安定といっても多くの要素があります。

その中でも、体幹と骨盤をつなぐ重要な筋である”内腹斜筋”について再度認識していこうと思います。

 

 

 

内腹斜筋の起始は腸骨稜・鼠径靭帯で腹直筋鞘にかけて走っています。

 

 
触診の位置としては”ASISの内側”

わかりづらい場合はポケットに手を入れた辺りです。

 

 

立位での作用は立脚期に寛骨を上に押し上げようとする力に対して

止めて安定させる働きを持っています。

歩行からの視点でも同様に、立脚期において寛骨にかけて床反力が加わった際に、

骨盤を安定させることを役割としています。

 

 

 

臨床的には、トレンデレンブルグ歩行に見える患者様でも、

内腹斜筋の筋出力低下により、トレンデレンブルグ様に見える歩容の患者様が多いように感じます

 

 

歩行時に支持側の下肢が安定しないと感じた場合、ぜひ立位・歩行にて触診して確かめてみてください。

 

 

体幹の”内腹斜筋”は多くの動作と関連する共通点となりやすい部分のため、動作全般に影響を与えやすいです。
ぜひ評価しアプローチをしてみてください!

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

【腹痛のアセスメントの進め方】

リハビリ時に腹痛を訴えるケースを見受けることは少なからずあると思います。

 

 

腹部に診られる症状は下痢や便秘といった消化器系が考えれることが多いですが、

泌尿器疾患や生殖器疾患、または心理的な要因も関係することがあります。

 

 

主治医や看護師に情報を伝えるために、

また自身のリスク管理のためにもアセスメントはしっかりと行っていきたい所です。

 

 

腹痛は腹部に自覚される疼痛を意味し、最も訴えの多い症状の1つです。

腹痛の分類は発生機序により内臓痛・体性痛・関連痛の3つに分類され、

腹痛が出現した際に疼痛の特徴は原因を推測する1つの指標となります。

 

 

主な腹痛の分類は以下の3つです。

・内臓痛:腸管の急激な収縮や過伸展、圧迫による内圧上昇、臓器被膜の伸展により生じる
・体性痛:壁側腹膜、腸間膜、横隔膜に消化液や細菌感染による刺激や炎症がおよび生じる
・関連痛:内臓痛を伝達する神経線維からの信号を同じ脊髄後根を通る皮膚からの信号と間違えて伝達する

 

 

また関連痛が生じる部位は腹部臓器によりおおよその位置が同定されており、

臓器周囲に疼痛が生じることはもちろんですが、病巣と離れた部位に疼痛を訴える場合もあります。

 

 

 

解剖学的イメージを持って部位を同定しましょう。

 

 

 

 

実際の腹部全体のアセスメントの進め方は

視診→聴診→打診→触診

の順で進めていきます。

 

 

 

これには理由があり、聴診の前に打診や触診を行うと、

打診や触診の刺激が腸蠕動に影響してしまうから です。

また触診は患者さんに苦痛をもたらす可能性があるため最後に行います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

【スポーツでパフォーマンスを上げる絶対条件】

スポーツプレイヤーに携わるセラピストのみなさん。

 

 

 

コンタクトプレーに負けないようにしたいからとりあえず筋トレ指導かな。。。」

「アップの内容が単純なストレッチしか思い浮かばない。。。」

 

 

こんな経験はありませんか?

 

 

サッカーやラグビーなどのコンタクトプレーが多いスポーツプレイヤーに対するアプローチで、

腕立て伏せや腹筋などの筋力トレーニングを″とりあえず″行っている場面をよく見ます。

 

 

筋力ももちろん必要ですが、

『身体を緩ませる』

これが出来ないと、そもそも筋力発揮が行なえず、パフォーマンス向上には繋がりづらくなります。

 

 

 

 

また、身体を緩ませる効果の一つとして、

「インナーユニットが働きやすくなる」

ということがあります。

 

 
インナーユニットの一つである、

腹横筋や腸腰筋が働くことでの

パフォーマンスへの好条件は以前のfb記事でご紹介させて頂いてるので割愛しますが、

これらの筋肉は身体が緩んだ状態でなければ効果的に働くことは難しいのです。

 

 
ただ、

一概に身体を緩ませると言ってもなかやかイメージが難しいかと思います。

 

 

そこで、以下のセミナーで実際にトップアスリートに行っている

身体を緩ませるトレーニングやパフォーマンスアップ目的のトレーニングを細かくご紹介します!

 

 

スポーツ現場の指導内容で悩みを抱えているセラピストの皆さまオススメの内容となっています!

ぜひ、ご一読ください!

 

 

****************

 

『体軸理論から紐解くスポーツ動作の基礎構造  -伸びない選手の共通点とは-』

 

 

スポーツ傷害やパフォーマンス低下が起きる要因は、

その運動要素に関わる「動作の効率化」がされにくいから。

全ての動作において、力の発揮と吸収は常に行われています。

その要素となるのが、「筋力」と「重力」です。この2点のコントロールが効率化に繋がります。

◯東京開催(5/28)
詳細・申し込みはこちら⇒http://taijiku.net/?pid=116441444

 

****************

【大腿筋膜張筋の緊張】

腰痛症や股関節疾患で過緊張しやすい大腿筋膜張筋の特徴をお伝えします。

 

 

 

大腿筋膜張筋は解剖学的に胸腰筋膜や殿筋膜と繋がっており、

腰殿部の緊張の状態に影響を受けやすい構造的特徴を有しています。

これは、腰部・股関節を動かす時に小さい力で効果的に複数の関節を制御することに役立っています。

 

 

 

中枢神経系から考えると、制御が簡単な都合のよい筋であるとも言えます。

ですから、腰・股関節の機能障害が起こると、必ず過剰に緊張し姿勢の制御を強いられ、

可動域制限や疼痛などの悪循環に至ってしまいます。

 

 

 

この大腿筋膜張筋の緊張を解消する上で重要なことは、

静的な緊張のみでなく、動的な緊張場面での改善をしていくということです。

 

 

 

つまり荷重時に体重負荷を支える構造にアプローチすることで大腿筋膜張筋の緊張は解消されます。

 

 

 

特に重要なポイントは立位で、仙関節と足関節の距骨下関節がニュートラルな位置で保持できるかです。

関節と距骨下関節の可動性はわずかですが、この両関節が荷重下での前額面の姿勢保持に影響しています。

前額面のバランスが不均衡ということは自然に大腿筋膜張筋でバランスをとる戦略になってしまうということです。

 

 

 

ぜひ仙関節と距骨下関節の状態をチェックしてみて下さい。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!