【立位と歩行をつなぐ内腹斜筋の働き】

人が立つ・歩くという動作を行う前提条件として骨盤の安定が大切なのはよく知られていることですね。

 

 

 

しかし、骨盤の安定といっても多くの要素があります。

その中でも、体幹と骨盤をつなぐ重要な筋である”内腹斜筋”について再度認識していこうと思います。

 

 

 

内腹斜筋の起始は腸骨稜・鼠径靭帯で腹直筋鞘にかけて走っています。

 

 
触診の位置としては”ASISの内側”

わかりづらい場合はポケットに手を入れた辺りです。

 

 

立位での作用は立脚期に寛骨を上に押し上げようとする力に対して

止めて安定させる働きを持っています。

歩行からの視点でも同様に、立脚期において寛骨にかけて床反力が加わった際に、

骨盤を安定させることを役割としています。

 

 

 

臨床的には、トレンデレンブルグ歩行に見える患者様でも、

内腹斜筋の筋出力低下により、トレンデレンブルグ様に見える歩容の患者様が多いように感じます

 

 

歩行時に支持側の下肢が安定しないと感じた場合、ぜひ立位・歩行にて触診して確かめてみてください。

 

 

体幹の”内腹斜筋”は多くの動作と関連する共通点となりやすい部分のため、動作全般に影響を与えやすいです。
ぜひ評価しアプローチをしてみてください!

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!