【大腿筋膜張筋の緊張】

腰痛症や股関節疾患で過緊張しやすい大腿筋膜張筋の特徴をお伝えします。

 

 

 

大腿筋膜張筋は解剖学的に胸腰筋膜や殿筋膜と繋がっており、

腰殿部の緊張の状態に影響を受けやすい構造的特徴を有しています。

これは、腰部・股関節を動かす時に小さい力で効果的に複数の関節を制御することに役立っています。

 

 

 

中枢神経系から考えると、制御が簡単な都合のよい筋であるとも言えます。

ですから、腰・股関節の機能障害が起こると、必ず過剰に緊張し姿勢の制御を強いられ、

可動域制限や疼痛などの悪循環に至ってしまいます。

 

 

 

この大腿筋膜張筋の緊張を解消する上で重要なことは、

静的な緊張のみでなく、動的な緊張場面での改善をしていくということです。

 

 

 

つまり荷重時に体重負荷を支える構造にアプローチすることで大腿筋膜張筋の緊張は解消されます。

 

 

 

特に重要なポイントは立位で、仙関節と足関節の距骨下関節がニュートラルな位置で保持できるかです。

関節と距骨下関節の可動性はわずかですが、この両関節が荷重下での前額面の姿勢保持に影響しています。

前額面のバランスが不均衡ということは自然に大腿筋膜張筋でバランスをとる戦略になってしまうということです。

 

 

 

ぜひ仙関節と距骨下関節の状態をチェックしてみて下さい。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!